産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト>

産業医で求人先探しをされる予定の方は当サイトをご利用下さい!

「産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト>」のご訪問ありがとうございます。企業で労働者の健康管理を行う産業医の方の転職が増えています。産業医は基本的に転職市場で求人が多いので給料アップなどにつながることが多いのも理由の1つです。

当サイトの産業医求人サイトランキングでは産業医特集ページもあるリクルートドクターズキャリアがランキング1位です。年収アップ率が高く産業医の方にも評判が高いです。まずは1分で完了する初回の無料登録からお進み下さい。【無料登録はコチラから

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職支援サービスでトップクラスの知名度と実績を誇るリクルートの医師転職サイトが1位!
■サイト上で一般公開している求人と比較すると、好条件の多い非公開求人の紹介に特に強い。
常時1万件を超える非公開の求人情報を保有。経験豊富な専任コンサルタントが徹底サポート。
■対応の早さにも定評があり、公開、非公開問わず、通常3日以内に条件に合った転職先を紹介。
■キャリアアドバイザーは勤務条件や給与交渉代行の他、履歴書・職務経歴書の作成なども対応。
■転職が初めてという医師でも、転職に必要な知識を効率的に得ることができるようにサポート!
取扱科目が多く、科目別求人サーチも充実。産業医募集もばっちり対応しているので安心です。
1979年の創業以来、医師転職支援に30年の実績。サービスの充実度も高く初転職の方も◎。


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
公開求人数28000件!業界NO.1の求人数「医師転職ドットコム」が上昇!産業医特集も!
■高額・好条件の多い非公開求人数も10,000件以上を掲載し、様々なご要望にお応えします。
平均年収アップ率146.6%!病院経営コンサルティング部門を持つメディウェル固有の強み。
■医師転職ドットコムで転職した医師を対象に行ったアンケートで満足と答えた先生が94.7%
■より良いサポートのために専任コンサルタントの担当医師数を制限し手厚いサポートを提供!
緻密な情報収集、希望条件の戦略的交渉、スピーディーかつ手厚いサポートを徹底しています。
■個人情報を扱うためプライバシーマークを取得しています。東証一部上場企業のグループ会社。


>>>公式申し込みページへ進む

医師求人のJMC 無料 全国 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
全国に多数の求人情報保有。要望に合わせ求人情報を探す「医師求人のJMC」。
勤務地、症例内容、オペ数、専門医取得可能など欲張りな条件でも希望する求人を探します。
■対外交渉の苦手な方にも業界に精通した担当者が医師にかわって徹底的に条件交渉します。
■多忙な医師に代わり面接のセッティングやホテルの手配、育児まで引き受ける徹底サポート。
 新居の間取りや街の様子の動画撮影、引越の手配やお子様の学校・保育園探しまでサポート。
■入職後も何かあれば徹底的に医療機関と交渉。入職後までもサポートする手厚さも人気の理由。
■転職を決めた医師の多数が「満足した」と答える実績の高い医師転職サイトです。
■初回はリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムと同じく無料の初回登録から!


>>>公式申し込みページへ進む

MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■口コミ実績◎!業界トップクラスの全国13拠点で地方ニーズにも対応「MCドクターズネット」
 医師の気持ちを第一に考え医師の転職による環境改善・ライフスタイルの向上を目指します。
■専任コンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉、全て対応する完全お任せ型転職サイト。
 医師転職のプロのメディカル・コンシェルジュが厳選した医師求人の中から質の高い求人を紹介
転職、定期非常勤、アルバイト(スポット)まで、専属も嘱託も、多様なステージに対応。
■相談は場所・日時を自由に設定することも可能。多忙な業務の間を縫っての転職活動でも安心。
1日単位のアルバイトから転職求人まで豊富かつ良質なものが多く問い合せ殺到の求人多数。
■登録は1分で完了。産業医の転職はメディカル・コンシェルジュMC-ドクターズネットに登録。


>>>公式申し込みページへ進む

エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師・薬剤師などに特化た人材紹介エージェント「エムスリーキャリア」が上位に入りました。
■キャリアコンサルタントが直接病院まで行き、直接話を聞いてきた病院だけをピックアップ
 無料登録後に医師転職事情に精通したキャリアコンサルタントがアナタの転職の悩みを解決
■募集業種ごとの特集、関連の最新ニュースなども掲載、仕事を探しながら、医療業界の情勢も
 知ることができる。今すぐ転職とお考えの医師の方でも登録して情報収集する価値はあります。
■解説ページもあるので、初めて利用する人も短時間に検索。求人情報のメルマガも内容も充実。
■他のサイトと同じく利用料は無料です。メインサイトと併用して情報収集するのにお勧めです。


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは産業医の転職に定評があるリクルートドクターズキャリアが1位です。
※知名度の高いメディウェル系の医師転職ドットコムもお勧めです。


産業医に求められるスキルとは?転職事情は?

産業医は企業などで働く人たちの健康管理や健康相談などを行う医師をいいます。労働安全衛生法では常時50人以上の労働者を有する全ての企業に産業医の選定を義務付け、 また常時1,000人以上の労働者を有する、または労働安全衛生規則に定める有害業務に常時500人以上の労働者を有する企業に対しては、専属の産業医を選定することを義務付けています。

産業医は企業の健康管理室や医務室などに常駐し、企業に働く人たちの応急医療をはじめ、健康診断、健康教育・健康相談、衛生教育、職場における健康障害の原因調査と再発防止の措置、 最低月1回の職場巡視などの役割を担います。企業社員が心身ともに健康・安全に業務を行うことができるようサポートをする職務であるため、病院や医療機関に勤務し、具合が悪い人やケガをした人の診断・治療を行う臨床医とは大きく異なります。

産業医は社員全員の健康管理と、様々な健康問題に取り組むことが求められるため産業医の80%近くは内科医を中心としたジェネラリストです。 また最近はメンタル面で精神的な不安や職場ストレスによる心身の不調を訴える社員も多く、精神科医や診療内科医が産業医として活躍するケースも増えています。 

企業における社員の心のケアという面では、メンタル面に問題を抱える社員は全国平均で1社当たり約2%、潜在的なものも含めると約5%の社員が職場に対して何らかの悩み・不安・ストレスを抱えていると言われており、 長引く不況、不安定な雇用情勢、競争社会のプレッシャーなどの影響からその数は年々増えています。職場におけるストレスは、鬱病・自信喪失・引きこもりなどに進行し、会社を休まざるを得ない…、 仕事を続けて行くことができない…、など欠勤・休職者も少なくありません。そのためこうした社員の不健康は企業の戦力ダウンに直結することから、社員のメンタルヘルスケアを積極的に取り組む企業もあります。 産業医としてはカウンセリングを中心に労働環境の整備や、職場復帰のためのサポート・フォローアップを行います。

メンタルヘルスケア以外にも産業医は、休職・復職・配置転換時の診断、生活習慣病予防などの健康増進、作業空間の明るさ・温度・休憩設備などの物理的問題の改善、仕事の手順・作業姿勢・シフト・動線など業務上の問題 上司・部下・同僚との人間関係上の問題にも目を向けながら快適で働きやすい職場環境の整備を提案・アドバイスを行います。産業医は職場環境や業務内容を良く熟知し、公平な立場から力になることが求められます。

産業医の転職事情はどうかというとやはり勤務体系が病院医師と比べて規則的という点などから人気の高い求人案件にはなっています。 自分で探すのは非常に難しいと思いますので産業医の職探しの場合はリクルートドクターズキャリアなどへの登録が必須です。まずは初回の登録からお済ませください。 医師の方は一切利用料金はかかりませんのでお気軽に。


>>産業医の転職先の待遇を詳しくみたいならリクルートが◎!<<

産業医募集先の探し方は?

医師が産業医として働くときには、厚生労働省が定めた下記の要件を満たしていることが必要です。

・日本医師会や産業医科大学が行う研修を終了すること

・産業医の養成課程を設置している大学で厚生労働大臣が指定する学科の単位を満たし卒業し、実習を履修した者

・労働衛生コンサルタント試験(試験区分が保健衛生)に合格した者

・大学で労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師、または経験者

上記要件を満たし、産業医の認定を持っていると、産業医として仕事をすることができます。

勤務先は、50人以上の事業所、主な仕事は、従業員の健康管理、作業環境管理、作業管理となっており、企業や健康保険組合などが主な求人先になります。

例えば、某企業健康保険組合では、疾病予防指導、相談などの従業員の健康管理事業を展開しています。全国に事業所がある企業では、全国で150ヶ所あまり、常勤の産業医が50名前後、看護師180名前後を配置するという状況です。勤務条件は採用する企業の就業規則に準ずることが多いようです。近年は、うつ病が社会的問題になっていますが、メンタルな面の健康管理も重要になっており、精神科医を常駐している企業も増えてきています。

年収は、平均1000万円前後というラインが多く、単純に、病院勤務と比較することはできませんが年収は多くないようです。ただ、勤務時間がきっちりと決まっており、土・日・祝祭日は休め、当直はありませんので、医師の職場環境としては恵まれている方だと言えます。出産後の女性医師にとって、当直がなく、勤務時間も一定で、土・日・祝祭日が休みという環境は、子育てにも最適だといえます。また、体力的に当直が辛く感じるようになった場合にも、産業医として働くことは視野に入れておきたいものです。

転職する場合、病院勤務では面接後すぐに決定することが多いのですが、企業では、採用までのスケジュールに時間がかかり、すぐ決定というわけにはいかないようです。また、専属産業医の雇用形態は、嘱託や契約社員、または業務委託契約(1年契約、自動更新)というのが多いようです。産業医でアルバイトを希望する場合、産業医を派遣、紹介しているサイトに登録しておく方法もあり、週1日勤務の場合の年俸は300万円から400万円といったところです。専属産業医は「常勤」であることが義務づけられていますが、医学会の慣例である研究日制度を活用し、実質週4日勤務としている企業が多いようです。

産業医への転職のポイントは?

医師の転職は、病院勤務では面接後すぐに決定することが多いです。企業では、採用までに時間がかかりますので、事前に分かっているなら、3ヶ月前には申し出て欲しいというのが本音でしょう。

産業医が、4月から新たな職場に採用され働くケースでは、年明けに辞意を表明することが多く、企業側は急いで募集をかけて、代わりの医師を探さなくてはなりません。現在、認定産業医資格を持っている医師は、医師全体の3割におよびます。しかし、専属産業医経験者は意外と少なく、企業は経験者を求めます。そのため、医師が産業医を希望してもなかなか採用されにくい構造になっているのですが、急ぎ募集をかける、正月明けから3月の時期は採用側も焦りますので、専属産業医未経験者でも採用される可能性が大きくなるわけです。

中小企業の場合、費用負担の多い産業医と契約することは実際上難しいと思われます。したがって、医療機関が健診を受注する代わりに、嘱託産業医を引き受けることが多いかもしれません。

そうすると、求人を出すのはある程度規模の大きい会社になりますから、求人自体がそれほど多くはありません。そのため、嘱託産業医の求人を個人で探すのは困難になります。大学の医局などを経由して依頼されるケースはありますが、個人が直接企業から請け負うことはほとんどありません。

若いうちは、力を付けるために臨床現場に出た方が自分の将来のためには必要です。若いうちから専属産業医として採用されてしまうと、後で、臨床医としては潰しが効かなくなる恐れがあります。

ところで、産業医の報酬はどのくらいなのでしょう。最近のように、不景気で企業がなかなか利益を出せない時には、高額報酬は望めないでしょうし、逆に報酬をカットするケースや、勤務日数を減らすことで委託料を減額するケースも出てきています。企業としても人件費支出は抑制したいので、医師の年齢が、若年層か60歳以上をターゲットにした方が、報酬は若干ですが安く済む傾向があり、割と採用されやすいようです。

本来、質の高い医師を獲得するためには、それなりの報酬を提示しなければなりませんが、金額面だけを臨床現場と比較すると、少々低いかもしれません。最近の傾向として、精神科医や心療内科医の求人が多く、企業としてはメンタルな部分にも焦点を当てています。

産業医という仕事を報酬だけに視点を当てるとメリットが薄いように感じますが、当直がない、休日はカレンダー通りという点は、子育てをしている女性医師にとって魅力的な職場だと言えます。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.