産業医の復職

産業医の復職

何らかの理由で産業医としての活動を退くこととなってしまい、また改めて産業医として復職したいと考えている場合、嘱託産業医と専属産業医で事情は異なってくるでしょう。

まず嘱託産業医として復職しようとするならば、産業医の派遣サービス等を行なっている事業者(会社)等に登録して中小企業の嘱託依頼を受けていけば、特に大きな障害にあうこともなく復職可能になるはずです。中小企業の嘱託産業医を希望する方には、それほど大きな困難がなく復職への道が開けているといっても、過言ではないでしょう。

一方で、休職前が専属産業医だった場合、その企業には(法令の定めに従って)すでに新しい産業医が就任しているはずです。そのため同一の職場への復職は、よほどの幸運に恵まれない限りほぼ不可能だと言ってもよいでしょう。この場合の復職は、また別の就業先を探すこととなりますのでほぼ転職と同じ状態になります。そのため、まずは信頼できる紹介会社などに相談するのが良いと思われます。大企業で勤務する専属産業医の特徴としては、まず安定して長く勤める人が多いこととが挙げられるでしょう。それに加えて専属産業医を必要とする企業は原則労働者数1000名以上の企業であるため、数が限られていて「狭き門」となっているのが実情だからです。そういった事情を捉えて活動を行っていかないと、復職は非常に長い道のりとなってしまいかねません。

とはいえ法令で定められている以上、産業医の欠員は必ず補充されなければなりません。そのため、有資格者に対しては時期やタイミングによって、一定の求人が定期的に発生しています。

しかし、その場合でも個人で直接企業の情報を得るのは大変困難なので、信頼できる紹介会社を頼るのが得策でしょう。企業側も産業医に急な欠員が出た場合、企業単独で該当者を見つけ出すのは難しいのが実際です。ですから、紹介会社に依頼するケースがほとんどなのです。医師求人を専門とする紹介会社には非公開の求人も多く、求職者サイドの専門性やキャリア、希望条件に合った産業医情報を提供してくれるところもあります。また、現時点で対応可能な求人がなくても、希望や条件に合った案件を探しだして情報提供・紹介業務を行なってくれる場合もあり、登録しておけば条件に合った復職を果たせる可能性が高くなるといえるでしょう。まずは信頼できる紹介会社を探すところから始めてみましょう。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.