沖縄での産業医募集

沖縄での産業医募集

沖縄の産業医募集案件は、実は募集自体が少し少ない傾向があります。産業医を選任または専属で雇用しなければならない義務は、50人以上の従業員を抱える企業で発生します。中でも、専属で常時勤務する産業医に関しては、福利厚生が整い、安定している面で希望する人も多いですが、半面で1000人規模の企業でなければ雇用義務がない為、なかなか求人案件自体がありません。その上、毎年募集などではなく、一度企業が専属の産業医を雇ってしまうと、その人が定年を迎えたり、退職したりしない限りは、募集がないことも多いです。さらに、50人以上の従業員を抱える会社は多くありますが、他の地域と比べて多いというわけではありませんし、通常選任の産業医は内科医が空いた時間で行うこともあるので、なかなか嘱託の産業医だけで食べていくには、足りない数の求人しかありません。

このような沖縄の産業医募集状況の中でも、産業医になりたい人は「募集を逃さない」ということにまずは尽力しなければなりません。特に人気が高い上、なかなか募集が出ない「専属常勤産業医」の募集は、1度逃すと次の募集は何年もないことが多いです。また、見つかりやすい嘱託産業医の募集ですが、これもタイミングによってはまったく見つからない時期もあるので、常に目を見張り、産業医の募集が新たに出ていないかを確認する必要があります。産業医になりたい希望だけで、嘱託産業医でも専属産業医でもどちらでもいい人は、まずは嘱託産業医の募集案件に応募し、数多くの企業で働ける産業医を目指すほうが、より早期に職が見つかりやすいでしょう。

さらに、沖縄で産業医を目指す場合は、その企業のニーズをより具体化して知り、自分がそのニーズに合っていることをアピールして、採用されなければなりません。沖縄は観光による収入が主となっている県ですから、沖縄で産業医を必要とする企業自体も観光に携わっているところがとても多いです。産業医になった場合は、その企業で働く人の健康管理を担うわけですから、企業がどのような人材を求めているかは、とても重要です。さらに、産業医に求めることが多岐にわたることも多いので、医療知識の高さや専門のことをPRするよりも、人事の人にもわかりやすいように、専門用語で話さないことも重要です。つまり、企業の人事は医療現場の人ではないので、専門用語で話しても意味がわかりません。通常の医療現場では専門用語の必要性があるかもしれませんが、企業で働く産業医には、高いコミュニケーション能力が求められるため、社員にもわかりやすい言葉でしゃべれることをPRしなければなりません。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.