大阪での産業医募集

大阪での産業医募集

労働者人口の高齢化を迎え、企業経営のポイントとして労働者の健康管理の重要性が高まりつつある近年、企業の産業医(専属産業医)に対する求人は年々増加傾向にあります。 特にメンタルヘルス面での問題が表面化する事例の増えたこの数年、常勤産業医を求める傾向はより強くなっているようです。

専属産業医の勤務形態は、就業場所によって異なります。例えば工場勤務であれば、業務開始が8時というケースもあるでしょう。但し出社時間が早いということは、退社時間も早いということです。勤務後の時間を大切にしたいと願う方にとっては、良い職場といえるでしょう。そういった場合には、工場勤務の産業医募集も探してみると良いかもしれません。企業は周囲の他社員との調和を大切にするため、医師だけを特別扱いすることはないのです。これは、工場も企業社屋も変わりません。

産業医の給与は、一般社員と比較して高額です。そのため毎日出社という形ではなく、期間を区切った契約社員で募集されるケースが多いのが実際です。例としては、1年ごとに契約更新をするといったものです。ただし、更新のタイミングで突然業務終了となるケースは少なく、契約は何事もなく更新されるケースが大半でしょう。

これらのことから、医師としてのプライドが高すぎる医師や、高給を求める方には不向きな職場です。企業の一員となって、永く安定的に働くことを求めている方に向いています。

専属産業医を選任しなくてはいけない大企業は本支店、工場等の事業場の別を問わず専属産業医を置くべき規模である場合が多く、中には本社だけでなく大型工場や地方支店にも産業医を置くというケースもあります。専属産業医のニーズは大手製造業ほど高く、そういう企業の本社所在地は都市部に偏る傾向があるため、地方中小都市よりも都市部での求人が多くなるようです。もっとも製造業では工場を別会社としているケースもあり、工場は地方都市にある場合が多いので、工業地帯を抱える地方都市でも専属産業医の募集がでるケースもあります。

上場企業の本社所在地が東京都についで多いのは大阪府です。大阪は商業の町と言われますが、実は大手製造業の集積地でもあります。実際に専属産業医の募集地域で勤務地が大阪というケースは多くなっています。

またメンタルヘルスに関する問題を抱えるのも都市部で働くデスクワーク系労働者に見られることが多いため、そういう面での産業医ニーズも高いものと推測されます。

産業医の募集を探すには、近畿地方なら大阪が一番の近道かもしれません。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.