産業医の楽な職場はある?

産業医の楽な職場はある?

産業医の中でも楽な職場を選びたい場合は、自分の持つ人間性が企業の内部の雰囲気と合いやすいところを選ぶと良いでしょう。

そもそも産業医というと企業専属の産業医の場合「楽な勤務医」というイメージを持たれていることも多く、また嘱託産業医の場合は内科医が片手間に行うこともあるので、「楽な仕事」と思われることが多いです。しかし結論から言うと、産業医は医療現場の医師業務と比べ「楽な一面」もあれば「ハードな一面」もあることが事実です。産業医の具体的な業務内容は、少なくとも月に1回は職場を見回り、社員の健康相談や健康教育を行ったり、企業の作業環境などに対して医療知識があるものとしての意見を述べたりして改善を促すことができます。企業側はその働きに対し、「いらない仕事」と判断して解雇することができず、法律に守られた職業とも呼ばれます。しかし、企業は雇う義務はあっても、人を選ぶ権利はあるので、その点は医療現場で働く勤務医などと特に大きな違いはありません。

ただ、企業内で自分1人が医師であるため、医療現場にあるような医局の派閥のようなものがなく、産業医として働くにあたってはあまり派閥や先輩医師の考えなどを押し付けられることもないので、精神的に楽に働ける側面はあるでしょう。しかし一方で、「これが医師の仕事なのか?」と疑問に思うような仕事を会社から頼まれることもあります。例えば、社員が会社に対し不満を持ち、労働紛争を起こそうとしている人を「メンタルヘルス」という側面からケアしなければならない場合などです。社員は産業医と言っても「企業の回し者」としか思っておらず、敵意を?きだした社員を相手に、企業との仲介をしなければならないので、医師としての知識だけでなく社会的な知識が広く求められます。

また、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどは昨今大きな問題となることも多く、社員が産業医に報告・相談することもあるので、そのような知識も必要です。医療知識だけでなく様々な知識を用いて、社員の心と体のケアをしなければならないという点では、医療現場の医師とは違った大変さがあり、楽とは言い切れません。そんな時、助けとなるのが自分自身の持つ人間性と、企業の求める人間性がマッチしていることです。マッチしていれば社員も企業にも必要な仕事をこなすことができ、事を荒立てる前に産業医として初期段階で様々な問題を解決できます。

その為に、少しでも自分に取って「楽」な職場に勤めたい産業医は、自分が持っている人間性がその会社の社員や雰囲気にマッチしていることを確認すると良いでしょう。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.