産業医の仕事内容

産業医の仕事内容

労働者の健康管理を行うのに必要な高度の医学的知識を持つ医師が産業医です。

産業医は、事業場の労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるように事業者にも労働者にも指導、助言を行います。

糖尿病、高血圧、心臓病、などの生活習慣病を持病として持っていたり、メンタルヘルスに問題を持っていたりする労働者も増え、働き盛りの社員が突然亡くなるといった事例が出て問題になっている会社も増えています。厚生労働省はこういった過労死、突然死、生活習慣病の増加という様々な問題を背景に過労死の予防、自殺の予防、有病者に対する配慮義務といった企業の健康管理に関する法的な義務を強化しました。

産業医は一般診療を行うだけではなく、色々な職務を行う必要があります。

・元気な人は病気にならないよう健康診断、健康相談を通じて健康促進のお手伝いをする。

・運悪く病気になってしまった人は、治療をしながら、配置転換などによってでも定年まで就業できるようアドバイスする。

・職場の作業環境の改善を通して安全で快適な職場づくりを応援する。

基本的には、会社で働く労働者が定年まで元気で、快適に元気よく働けるよう応援するのが産業医の仕事です。労働者の健康はその人だけではなく、会社にとっても大きな財産です。労働者が定年まで元気で働けるため医療的な側面でサポートするのが産業医の最大の使命です。不健康な会社は活力ある会社とは言えませんし、利益を生み社会に貢献することもできません。産業医は企業の健全な活動を側面から支える重要な役割を担っています。

産業医の職務は大別すると「作業管理」「作業環境管理」「健康管理」の3つと言われています。具体的にには以下のような活動があります。

・労働安全衛生法の規定による職場巡視・作業環境の改善に関するアドバイス・労働者の健康増進に関する提言・有害物質の管理・職場衛生委員会への出席・健康診断の仕組み作りとその実施・健診機関の紹介・健康診断後の健康指導・生活習慣病防止を主とする健康増進運動・健康促進のための講演会の実施・労働者への個別指導・病院紹介・健康相談(メンタルヘルスを含む)・入社時の健康診断の判定・病気療養後の労働者への復職相談・海外赴任時の健康指導(赴任の適否判定を含む)・メンタルヘルスへの対応・カウンセリングなど。

産業医の仕事内容は医師としての診察・治療よりも、むしろ予防医学的な指導やカウセリングに比重が置かれます。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.