産業医の資格

産業医の資格


労働安全衛生法で定められている産業医の資格は、医師免許を取得していることと、以下の要件を満たしていることが条件になります。

1)法第十三条第一項に規定する労働者の健康管理などを行うのに必要な医学に関する知識についての研修であって厚生労働大臣の指定するもの(法人に限る。)が行うものを修了した者。

2)産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であって厚生労働大臣が指定するものにおいて当該課程を修めて卒業した者であって、その大学が行う実習を履修したもの。

3)労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの

4)学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師(常時勤務する者に限る。)の職にあり、又はあった者

5)前各号に掲げる者のほか、厚生労働大臣が定める者

1)を具体的に説明すると、日本医師会認定の産業医学基礎研修か、産業医科大学が実施する医学基本講座を修了した者とされ、「日本医師会認定 産業医学基礎研修」とは、日本医師会並びに都道府県医師会において実施される研修であり、入門的な前期研修14単位、実習・見学などの実地研修10単位、総括的な後期研修26単位の、合計50単位を取得することが必要になります。又、都道府県医師会認定以外にも研修が開催されており、その概要に関しては日本医師会のホームページや財団法人産業医学振興財団のホームページなどで確認することができます。

「産業医科大学 医学基本講座」は産業医科大学で行われる約2カ月間の講座であり、大学の所在地まで赴き、受講料もそれなりにかかります。夏期集中講座も有りそれは6日間50時間の集中研修を行うことになります。

所定のカリキュラムに基づき50単位以上を取得した医師、またはそれと同等の研修を修了したと認定された医師には認定証が交付されます。産業医は常に資質の維持向上を目指すことが求められ、この認定証を取得してから、記載されている有効期限の5年間に産業医学生涯研修を20単位以上取得し、指定期間内に更新手続きした医師について更新ができます。

この生涯研修は、日本医師会のほか日本医師会の指定を受けて、都道府県医師会、都市区医師会、教育機関などでも開催されています。その内容については更新研修1単位以上、実地研修1単位以上、専門研修1単位以上の合計20単位以上になります。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.