産業医の転職は紹介が有利?

産業医の転職は紹介が有利?

産業医の中でも、「嘱託産業医」は月1回程度の巡回で報酬を得られるので副業的に契約を求める方が多いのですが、ほとんどの場合健康診断などの受注とセットで開業医または大病院が引き受けるので、滅多に求人が表に出ることはありません。実は求人企業側でも本当に規模の小さな(50人〜100人程度)中小企業の場合自社の条件に合う産業医がなかなか見つからずに困っているケースもあるのですが、その場合でも公的機関や労働衛生コンサルタント事務所が仲介に入るなどして紹介で決まるので、やはり求人情報が公になることは稀です。

しかし、大企業に雇用される「専任産業医」の場合は事情が異なります。専任産業医を必要とするのは規模的な面で国内の場合、大手製造業が圧倒的に多く、業種や立地などによって産業医の職務も様々な専門に分かれるケースが多いため、よりよい産業医を求めて広く求人を行うケースが多いのです。応募する産業医の側もキャリアや専門分野が適しているかどうか詳細な情報が必要になるため、より情報が多い求人の方が頼りになるでしょう。ただし大企業の専任産業医は一度就職すると長く勤務する人が多く、求人そのものが極めて少ないので、いわゆる「狭き門」となっています。

このような環境にある産業医の求人環境でより有利な就職先を探すにはやはり人材紹介会社(職業紹介業)を利用するのが最も得策だと言えます。医師の人材紹介サービスを行なっている会社の多くは元々企業の一般求人をベースに事業展開しているところが多く、企業とのパイプを数多く持っています。必然的に産業医のニーズがあれば早くその情報をつかめますし、企業求人のノウハウも豊富です。求職側へのフォローやアドバイス、求人内容の詳細情報の提供なども丁寧で安心です。

「狭き門」となっている専属産業医の求人も時期やタイミングによって適宜発生しています。例えば成長の早いベンチャー企業などではあっという間に専属産業医が必要となる、といったケースもあります。今すぐに専属産業医の求人がないとしても紹介会社に登録さえしておけば専門分野や得意業種などが合う求人が発生したときにはすぐに紹介を受けられるというメリットもあります。ご主人の転勤で長年務めた企業の産業医からの転職を余儀なくされた女性産業医が紹介会社の活動ですんなり新しい職場が見つかったという事例もあります。

医師専門の紹介会社にはあまり表に出てこない嘱託産業医の案件も定期的に出てくるようです。例えば大手企業が新しく地方に支店を作り、その事業場の規模が50人程度の場合、などです。

このように産業医としての転職を考えた場合、紹介サービスを利用することは非常に有利になると言えるでしょう。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.