産業医の短期・スポットの求人

産業医の短期・スポットの求人

短期・スポットで産業医として働きたい場合の求人情報は、募集が多い時と少ない時でバラバラなので、タイミングを逃さずに応募することが肝心です。そもそも短期やスポットで産業医として働く場合は、どのような場合があるかというと、例えば常勤の産業医が産休や育休に入った場合、長期の休暇に入った場合です。常勤の産業医には、福利厚生があり、有給なども社員と同じくあります。その為、常勤の産業医が妊娠の為に産休を取ったり、育児の為に育休を取ったりしてしまうと、その間にスポット的に働く産業医が必要となります。その他にも、前任の常勤産業医と、後任の常勤産業医との雇用期間のずれによって、1ヶ月や数ヶ月の産業医不在を防ぐ為に、スポットや短期間での産業医募集があります。

それ以外にも、例えば外国語対応などの為にスポット的に産業医募集があることもあります。従業員に外国人が増えた場合、日本人産業医で、英語が不可能な場合は、通訳が必要になります。また、思ったように症状などを伝えられず、産業医としての務めを果たせなくなります。このような場合、外国人を雇用している短期間やスポットでの契約期間で、外国語が可能な産業医を常勤産業医とは別途で募集する場合もあるようです。

このような短期・スポットでの産業医として働きたい場合、求人件数が決して多くないのと、タイミングがわかりにくい点から、「求人案件を見つける」ことが非常に重要です。例えば、産休や育休に入る産業医の代わりとして入るスポットでの産業医募集の場合、「4月に多い」などの傾向はありません。ですから、「スポットで産業医になりたい」と思ってすぐに見つかればいいですが、見つからなければいつ希望に合った求人があるかわからないので、常に求人情報に目を光らせなければなりません。スポットや短期で募集する産業医の求人は、急に入ることが多く、募集期間も短く早期雇用となる為、やはり見つけ次第すぐに応募することが大事です。

また、スポットで入る場合の産業医には、特別なスキルが求められる場合もしばしばあります。外国人就労者を相手にする可能性がある企業であれば、外国語スキルなども求められます。そのニーズに合ったスキルを自分が持っているのかによって採用も決まるので、自分のスキルに合った求人募集かの見極めも必要です。さらに、面接などでの自己PRでは、医療知識があることだけでなく、どのようなスキルがあるのか、それがいかに企業で役に立つのかをアピールすることが肝心です。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.