産業医とは

産業医とは

産業医とは、職場において労働者が健康で快適な作業環境下で仕事が行えるよう、専門的立場から業務の内容や環境に対し指導や助言を行う医師のことです。

1996年の労働安全衛生法の改正により「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されました(安衛法第13条第2項)。ここで定められている一定の要件とは

(1)厚生労動大臣が定める産業医研修の修了者(日本医師会認定の産業医学基礎研修または産業医科大学の産業医学基本講座)(2)労働衛生コンサルタント試験に合格した者(3)大学において労働衛生を担当する教授、助教授、常勤講師の職にあり、又はあった者(4)厚生労働大臣が定める者

のいずれか、または複数に該当することです。

常時50名以上の労働者が働く事業場では産業医の選任が義務付けられています。また、1,000名以上の労働者が働く事業場、あるいは法令で定められた有害業務に500名以上の労働者を使用している事業場では専属の産業医を選任しなければいけません。さらに3,000名以上の労働者が常時働く職場では専属の産業医が2名以上必要となります。このように労働者の健康を守るために法令で定められた産業医制度ですが、近年では精神衛生に重点を置いた産業医の選任をする事業場も増えています。

社会情勢の変化とともに目まぐるしく変わっていく企業の職場環境において産業保健サービスは最新かつ高度な水準が要求されます。産業医には生涯研修の受講など医療従事者として能力の継続的な向上に努め、(所属する事業場を中心に)産業保健に関わる人たちの先頭となって活躍してもらうことが期待されます。

産業医の業務を実務分野別に大別すると(1)総括管理(2)健康管理(3)労働内容管理(4)労働環境管理(5)労働衛生教育の5つに分類することができます。産業医は事故や病気が起こる前に未然にそれを防止するという医療の本質的業務を担うので、労働現場、関係法規、行政制度などの情報に精通して職務遂行にあたることが求められます。一方で、産業医の能力や権限で完結できる業務と事業場の保健スタッフの協力無くしては遂行出来ない業務や、事業者(企業経営者)の了解や協力を得なければ全く進まない業務があります。業種や事業場の様々な事情を検討しながら適切に業務を遂行していく必要があり、またそのような柔軟な姿勢が求められます。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.