産業医のやりがい

産業医のやりがい

産業医は普通に病院で働く医師と比べると給料面では平均的に低いことも多く、収益という面で考えると、やりがいはそこにはないことが多いです。では、どうして産業医をするのかというと、仕事内容に対して、強いやりがいを感じている人がとても多いようです。

通常、病院で医師として働く場合は、患者が自ら異変を察知して病院を受診しなければ、その患者さんの病気を発見してあげられません。しかし、企業の中で産業医として働く場合、社員が何らかの不調で来ることもあれば、健康だと思っていた社員の体調変化に気づいてあげることも仕事のうちです。つまり、企業で働く社員の健康管理を担うという、大変大きな役割と責任がある仕事なのです。さらに、現在健康な社員であっても、生活習慣などをただし、病気を未然に防ぐことも、仕事の1つなのです。つまり、病院で医師として患者と向き合うよりも、深く社員1人1人と医師として向き合うことができ、より幅広い分野において医師の役割を果たせるという面では、やりがいを感じる人がとても多いのです。

さらに、医療現場とは異なり、企業の専門性からまた違った医師としての技術力を高めることができ、会社内での指導や啓発運動なども行うことで、様々なスキルが磨かれていくことも、大きなやりがいの1つです。

これ以外にも、産業医として働く場合、ビジネス社会との触れ合いによって、医療現場という狭い社会を飛び出すことができる面は、働くことのメリットにつながります。通常、医師が医療現場で働く場合、周りには看護師と医師、そして患者しかいません。一日中診察をしたり、時には手術をしたりしていると、自分の世界がどんどん狭くなってきます。しかし、産業医として働く場合は、目の前に広がる大きなビジネス社会を相手にすることになります。ですから、流行している病気などにもいち早く気づくことができますし、場合によっては、仕事による病気のなりやすさなど、医師としての発見にたどり着くこともあるでしょう。産業医として働く場合は、周りに患者や看護師ばかりではなく、組織があり、ビジネス社会があり、その中での産業医としての役割を模索していくことになります。ですから、産業医の仕事内容は、ただ具合の悪い人を診るだけでなく、予防や啓発にまで及び、多角的に医師として活躍できるのです。これは医療現場で働く中ではなかなか身に付けられないことですから、やりがいを感じる大きなポイントになります。

産業医求人サイトランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>産業医求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 産業医求人ランキング<※産業医の方の求人お役立ちサイト> All Rights Reserved.